アロマテラピー

予約カレンダー

2020年3月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
       

母乳育児支援にアロマテラピーは必要か?

母乳育児支援にアロマテラピーは必要か?

アロマテラピーは、おうちで活用できるケア方法の一つです。

私は、授乳中のお母さま方にも、
『アロマトリートメント』
として、精油の働きや力を使っています。

『助産師が使っている』
そんなフレーズがあると、
必要なのかな?
と疑問に思われるかもしれません。

今日は、
『母乳育児支援にとってアロマテラピーは、必要か?』
を考えていきたいと思います。

母乳育児支援ってどんなこと?

では、母乳育児支援って何でしょう?
日本には、母乳育児を支援する団体が、たくさんあります。

日本助産師会
日本ラクテーションコンサルタント協会
日本母乳の会
母乳育児支援ネットワーク
などなど。

もちろん、それぞれの病院や産院でも、独自の考えをもって支援しているところもあります。

色々な考えが示されている中で、どの支援でも軸になっているのは、
『お母さんと赤ちゃんが、健やかに安心して安全に母乳育児ができるように』
ということです。

そのために、

  • おっぱおいのお手入れ方法
  • 赤ちゃんの抱き方
  • おっぱいのくわえさせ方
  • お母さんの姿勢
  • お母さんの体調を整える方法(心身ともに)
  • 授乳する環境へのアドバイス
  • お母さんやご家族の気持ちを聞いていく
  • トラブルがあったときの対処方法
  • 母乳育児に関する情報

などを、お伝えして、支援(サポート)しています。

『赤ちゃんを身ごもり、産み、育む体づくり』
を目指していくとすれば、
産後だけではなく、妊娠前や妊娠中の支援も、『母乳育児支援』になるのですね。

授乳中のお母さんには『支援』が必要?

では、『支援が必要』とされる産後の授乳中のお母さんって、どんな状態のなのでしょう?

トラブルがある、なしにかかわらず、産後のお母さん方には、
周りの人たちのサポートが必要です。

お母さんは、お産でたくさんの力や気持ちを使い、疲れている状況です。
それに加え、小さな生まれたばかりの赤ちゃんヘのお世話で、
やっぱり、からだも心も疲れています。
色々な調節の機能もバランスが不安定だったりもします。
これは、お母さん本人が気づいていないことも多いですね。

本当なら、授乳は、動物としての自然な本能による行動ですから、
『好きなようにやって、自然とできる』
ということなのでしょう。

しかし、今は情報のあふれている社会です。
色々な考えや価値観を、お母さん方は、知らず知らずのうちに、
『自分の希望や欲求』として思い込んでいることもあります。

すると、『本能としての自然な行動』って、できるでしょうか?

それが難しい方が、残念ながらたくさんいます。

そこで、『母乳育児支援』ということが必要になってくるのですね。

またお母さん方には、ぜひ『助けて』と気楽に言うことのできる、練習期間と思ってほしいです。
こちらもご参考に→『子育ては「助けて」を言う練習になります』

アロマテラピーは必要?

先ほどもあげたように、『母乳育児支援』には、色々なアプローチがあります。
その中で、はたして、アロマテラピーは必要でしょうか?

私が思うのは、
『必要ではない。けれど使えるもの。』
という感覚です。

以前に、妊婦さん、産後の方へ、アロマテラピーができることという記事で、
『その人の本来持っている力を助けてくれる』と書きました。

アロマテラピーで使う精油の働きは、
人の古くからある脳、つまりは『本能を司る脳』に直接働きかける特徴があります。

授乳を、『自然な本能』と考えるなら、
このアロマテラピーの特徴を使っていけるのではないかと考えます。

また、何かと不安や緊張、心配事や疲れを感じている、授乳中は、
リラックスして『心地よい』と感じることも、
からだと心のバランスを整えるのに、使っていけるのではないでしょうか?
これは、アロマテラピーの得意分野ですしね。

しかしながら、必ず使う必要も、ないのです。

そのお母さんが、自分で選び、納得して、安心して使っていけるものなら、
何でも支援(サポート)になりますから。

はじめにあげたように、母乳育児支援の軸は、
『お母さんと赤ちゃんが、健やかに安心して安全に母乳育児ができるように』
『赤ちゃんを身ごもり、産み、育む体づくり』
です。

もちろん、アロマ助産師あっこの私も、色々な引き出しを持って、
支援(サポート)にあたっています。

『必要か、不要か?』
よりも
『気持ちよく使えるか、使えないか?』
という感覚で選んでいくのも、良いのではないでしょうか?

そして、本当の『自分の希望や欲求』に気づいてもらえたらと思います。

 

URL
TBURL

コメントする

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Facebookのコメント

Return Top