プロフィール

プロフィール

篠宮 晃子 (しのみや あきこ)

  • 助産師、看護師
  • ナード・アロマテラピー協会認定アロマ・アドバイザー
  • ナード・アロマテラピー協会認定アロマテラピーベイシック認定講師

助産師として、15年間で延べ15,000人以上の妊婦さんと向き合う。

中学生のときに「助産師になる」決意をし、その思い通りに助産師になるも、摂食障害(拒食症・過食症・過食嘔吐)を発症し、いったん退職。その後、結婚・出産・育児・専業主婦の経験をしたのち、復帰。

復帰後、自身の精神科受診や助産師としての経験から、対症療法を主とした医療のあり方に疑問を持ち勉強を始め、「予防医学」「統合医学」という概念に出会う。

現在は、現役の助産師として活躍しつつ、病院では対応しきれない妊婦さんのために、アロマテラピーや整体など統合医療を取り入れて開業。妊婦さんや産後のママに、統合医学的な観点からセルフケアを伝えることに尽力している。東京都東久留米市在住。二児の母。

コンセプト

他人任せ、専門家任せにしない、セルフケアのご提案をします。
ご自身の生活を大切にしながら、自分で選び、納得し、活用していけるようにサポートします。

「大好きな赤ちゃんとそれを産み出すお母さんに寄り添う人になりたい」
そう思ったのは、中学生の頃です。
そこでたどり着いたのが、「助産師」という仕事。まさに、私が思い描いた世界だと思いました。
念願叶い、晴れて助産師に。後に、結婚、妊娠という機会で、一時退職し、専業主婦になりました。
家族の健康や生活、子育てへ通じ、自分で考えること、納得すること、選択することの大切さを実感しました。
助産師として職場復帰した後、この思いは強く、仕事に生かせたらと・・・

しかし、実際働く中で感じることは、
「迷っているな」
「考えているかな?」
「私たちが選んでいるな」
ということです。

もちろん、きちんとご自身のことをとらえ、学んでいる方もたくさんです。
でも、そんな方でも、情報のあふれる今日、迷われている方もたくさん。
そんなときに、私たち専門家は、お役に立てると思うのです。

ただ、私たちは「手段(ツール)」です。

私たちの言動が、とても重いこと、影響のあることはよくわかっています。
だからこそ、ご自身の体や心と向き合うときは、専門家に頼りっきりにならず、手段(ツール)としてとらえ、自分で学び、選択していってほしい。

私たちの提示したこと、説明したことを、ちゃんと自分の思いと照らし合わせて、
「どうしていきたいか?どう在りたいか?」
と、考えていってほしいと思うのです。

では、私は何ができるか?
助産師として働いて学んできた、知識・技術・経験を。
子育てを通じて、実際に体感してきたことを。
西洋医学だけではなく、アロマテラピーなどの代替医療とのつきあい方を。
体と切っても切れない、心、のケアへの気づきのお手伝いを。
これをお伝えできればと。

Sunray-Aroma あっこ助産所(助産所 篠宮晃子)では、
【ケモタイプアロマテラピー】も活用し、皆様に寄り添い、セルフケアのご提案、
そして、【クリエイティブマタニティー&子育てライフ】をサポートします。

お問い合わせ・ご相談

下記のフォームから、ご連絡をお願いいたします。

お問い合わせフォーム

Return Top