アロマ助産師あっこのつぶやき

予約カレンダー

2020年6月
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
       
2020年5月

アロマ助産師になったわけ⑦

アロマ助産師になったわけ⑦

自己紹介を兼ねて、あらためて、
私が『アロマ助産師』になったわけを綴るシリーズです。
(月)(水)(金)に、全17記事を、一つずつあげています。
①はこちらから

*2017年11月~12月の間に、
アメブロ(アロマ助産師あっこの『自分でつくる!安心マタニティ&子育てライフ』サポート
でアップした記事の再掲(一部加筆・修正あり)になります。

================

助産師国家試験目前。
気持ちも体も、慌ただしさと共に疲労していましたが、
食べることを大切にするようになった私は、妙に落ち着いたところもあり、コツコツと勉強します。

不安と自信と、恐怖と希望と。

いろんな感情がない混ぜになって、私は過ごしていました。

そんな中、勉強しなければいけないのに、遊ぶこともできていました(笑)

それは、その時に付き合っていた彼(後の夫)の影響。
私の世界にはまったくいなかったタイプの人でした。

前の彼氏から、一方的にフラれていた私にとって、騒がしくはしゃぎ、仲間に囲まれ、
その仲間の中にどんどん私を連れ込んでいく彼を、
とてもびっくりしながら、とても楽しく思いながら付き合っていました。

彼といると、別世界にいるようで、いろんな悩みを忘れていました。

もちろん、彼といるときの新たな悩みはありましたが・・・

でもこのことは、私の生活にメリハリを持たせてくれたのは確かです。

助産師国家試験は、見事合格しました。

通っていた大学から、奨学金をもらっていた私は、その返済のために、埼玉医科大学病院に就職します。
もちろん、産婦人科に、助産師として。

社会に出るって、やはり厳しいものがありますね。
助産師専攻科で受けたものとは、また違った重圧を感じました。

お給料をもらって働く、資格を掲げて働くというのは、
当然のことながら、責任というものが重くのしかかります。

学生の頃は、教員や指導者さんが守ってくれていた部分も、すべて自分で背負うことに。

病院に入院される、妊婦さんや産婦さん、婦人科の患者さんからしたら、
いくら新人の私でも、一人の資格者。

希望を持ちながらも、戦々恐々と日々の業務に携わります。

新人指導として、先輩助産師が指導に当たってくれますが、
学校で学んだことは、本当に基礎の基礎の基礎。
応用編や、その職場のローカルルール、助産師や看護師同士の考え方の違いなど、
様々なことにもまれていきます。

委縮する癖が、抜けていなかった私は、小さなミスで、注意されるたび、
どうしたらよいだろうと、改善案を考える前に、自己否定をしていきます。

また、勤務している産婦人科病棟では、生命の誕生と死が、毎日のように繰り広げられます。
それは、まさに教科書にはない、現実そのもの。

こちらで、おめでとう!と言ったかと思えば、
あちらでは、ご愁傷さまでした・・・

テンポも速く、私の思考と感情と体調は、ばらばらといていきます。

もちろん夜勤もやっていたので、それこそ、体内リズムはばらばらとしていたでしょう。

整いかけていた私の心と体は、またしても、ほころび始めていきます。

過食嘔吐の再燃(再発)です。

特に夜勤明け。
疲れた心と体で、ふらふらーと病院を後にする。
張りつめていた気持ちが溶けていくと同時に、猛烈な食欲が。

『あれが食べたい』
『これも食べたい』
『食べなきゃ食べたい食べなきゃ!』

立ち寄ったスーパーで、お菓子や菓子パンを買い漁る。
不思議なことに、ちゃんとした食事を食べたいとは思わず、ジャンキーなものばかり。

今思えば、手っ取り早くエネルギーになり、幸せな気持ちを呼びやすい、
糖質と強い味覚刺激の欲求だったんでしょうね。

きちんとした食事をとれていなかった体は、十分な栄養を蓄えていなかったのかと。

また、強いストレスは、正常な空腹や満腹調節も、混乱させていました。

彼との時間は楽しく過ぎましたが、家に帰り一人になると、また元通り。

『これじゃだめだ』
強迫観念で、いつも緊張していたのを思い出します。

助産師の実習と、就職後は、勤務の疲れと、時間のやりくりの難しさから、
ヨガ道場はやめてしまっていました。

自宅で、ヨガをとる時間も、気力もなく。
引き続き、一人暮らしの部屋は、寝るために帰る、さらなる勉強をする場、としてだけ存在していました。

「そうだ、精神科へ受診してみよう」

医療従事者でありながら、医療機関という存在を、忘れていた私。
患者として受診することを思い出しました。

『専門家がいるじゃないか』
『そこに行けば何とかなるかもしれない・・・』
そんな期待を込めて、緊張と不安と、恥ずかしさも感じながら、
精神科クリニックの門をくぐります。

⑧へ続く

『助産所メニュー』はこちら
『アロマテラピーカウンセリング』はこちら
『お問い合わせ・お申し込み』はこちら

URL
TBURL

コメントする

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Facebookのコメント

Return Top