ハーブウォーター

予約カレンダー

2020年4月
     
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
×
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
2020年3月

妊婦さんや小さなお子様にもオススメ ハーブウォーター

妊婦さんや小さなお子様にもオススメ ハーブウォーター

夏に向けてのお肌のお手入れには、”すっきり””さっぱり”のものが好まれますね。
*2018/07/02 加筆修正しました。*の部分です。

アロマテラピーで使う精油も、化粧水などにしてすっきりと使えるようにクラフトできますが、
手作りは少し大変という声も聞かれます。
また、精油を使うことで、安全な使い方はどうかと、気になる方もいらっしゃいます。

今日は、すっきりさっぱりで、より手軽に安全に使える、
『ハーブウォーター』
について書いていきます。

ハーブウォーターとは? 精油との違い

ハーブを水につけたもの?ハーブティーとは違うの?
ハーブウォーターとは何でしょう?

ハーブウォータは、精油を作るときに、一緒に得られるものです。
精油の作り方には、何種類かありますが、その中でも、
『水蒸気蒸留‐すいじょうきじょうりゅう‐』
と言われる作り方の時に、得られるものです。

精油のもとが含まれているハーブを、蒸すことで精油を作っていきます。
その時に、油分と、水分に分かれていきます。

油分が”精油”
水分が”ハーブウォーター”
になります。

同じハーブから作られたものでも、精油とハーブウォーターでは、
その成分が変わってきます。
精油には、油と仲の良い”芳香分子‐ほうこうぶんし‐”が含まれやすく、
ハーブウォーターには、水と仲の良い”芳香分子”が含まれているからです。

また、ハーブウォーターはそのほとんどが水分です。
精油のもととなる芳香分子の量は、精油ほど多くありません。
なので、精油よりも、比較的安全にたっぷりと使えるのが特徴です。

ハーブウォーターは、ほかにも、

  • 芳香蒸留水‐ほうこうじょうりゅうすい‐
  • ハイドロゾル
  • フローラルウォーター

と呼ばれています。

ハーブウォーターの注意点

ハーブウォーターは、精油よりも安全に使えるとはいえ、やはり注意していきたいこともあります。

『芳香水』はハーブウォーターではありません

ハーブウォーターと似たような名前で、
『芳香水‐ほうこうすい‐』や『アロマウォーター』などがありますが、
これはハーブウォーターではありません。

水に、精油やハーブのエキスを混ぜたものです。
ほかにもエタノールやグリセリンなど、精油を混ぜるために使う物質が含まれていたりします。
むしろ、お肌に刺激が強いこともありますので、注意しましょう。

また、以下の項目をラベルなどで確認しましょう。

  • 原材料名が書いてある
  • 水蒸気蒸留で作ったか
  • 検査されているか(pH、大腸菌、一般細菌、鉛・ヒ素・カドミウム・重金属・残留農薬・酸化防止剤)
  • 『化粧品』として売っているか*(内容成分の全表示が義務づけられているため)

これらが確認できないものは、ハーブウォーターでなかったり、品質が安全とは言えないものになります。

100%の安全はありません

ハーブウォーターを使うには、注意していきたいものがあります。

  1. アレルギー
    キク科の植物やヨモギなど、アレルギーが現れやすい植物があります。
    その植物からもハーブウォーターは作られますが、その中に花粉や、そのほかアレルギーの原因になる物質が含まれている危険性もあります。
    これらの植物にアレルギーのある人は、原料植物をしっかりと確認するなど、気を付けましょう。
    また、使用する前に”パッチテスト”を行うことも大切ですね。*アレルギーに注意のハーブウォーター
    エキナセアウォーター、カモマイル・ジャーマンウォーター、カモマイル・ローマンウォーター、ヨモギウォーター
  2. お肌に刺激のあるものもあります
    精油のもとである芳香分子には、お肌に刺激の強いものもあります。
    精油より含まれる量は少ないとはいえ、ハーブウォーターの中にも含まれているものもあります。
    特に妊婦さんや産後すぐの方、赤ちゃんや小さなお子さん、敏感肌の方は注意しましょう。*お肌刺激に注意のハーブウォーター
    アルベンシスミントウォーター、クローブウォーター、スペアミントウォーター、ペパーミントウォーター、ゆずウォーター、レモングラスウォーター、レモンバーベナウォーター
  3. 傷のあるお肌への使用は避けましょう
    お肌は、体を外からの刺激から守る役割をしています。
    そこが傷ついているということは、外の刺激を体の中に入れてしまいやすいということです。
    自分の体以外のものは、刺激になります。
    ハーブウォーターといえど、使うことは避けましょう。*傷のあるお肌に注意のハーブウォーター
    タイム・ブルガリスウォーター

保管にも気を付けましょう

ハーブウォーターは、精油よりも含まれている芳香分子は少ないと書きました。
しかし、その分、抗菌成分が少ないです。
また、そのほとんどが水であることから、ばい菌の繁殖に注意しましょう。
ばい菌は、水と栄養になる物質があれば、すぐに増えていきます。
水がたっぷりのハーブウォーターは、その条件がそろいやすいです。
以下の点に注意して使ってくださいね。

  • 冷暗所で保管
  • 保管している容器の口は清潔にする
  • 開封後は3か月以内に使い切る

どんな使い方をする?

ハーブウォーターはどのように使っていくのでしょう?

  • シュシュっと直接お肌にスプレー
  • 手に取って直接つける
  • お化粧用コットンやガーゼに含ませてお肌にあてる
  • 加湿器のお水に加える
  • お風呂に加える

などの使い方ができます。
もちろん、複数のハーブウォーターをブレンドして使っていくこともできますよ。

ハーブウォーターを使ってクラフトできる?

ハーブウォーターは、アロマテラピークラフトで使用する、精製水(せいせいすい)と替えて使うことができます。
なので、

  • 手作り石けん
  • 化粧水
  • ジェル
  • キッチンスプレー
  • パック

などのクラフトに使っていくことができますね。

妊婦さん、産後の方、小さいお子さんにオススメの理由

ハーブウォーターについて書いていきましたが、どんなものかイメージがわいたでしょうか?
精油を使ったアロマテラピーも大好きですが、ハーブウォーターを使ったアロマテラピーは、
助産師としても、母や女性という立場からも、おすすめします。
それは、

  1. 皮膚への刺激が少ない
  2. 体の中に成分がたまりにくい
  3. そのまま使用できるので手間がかからない(希釈しなくて良い*)
  4. 精油だと高価なものも、ハーブウォーターなら安くに手に入る
  5. 粘膜にも使える*

などの理由からです。

例えば、

  • 赤ちゃんのおむつかぶれ
  • 日焼け後のスキンケア
  • 床ずれのケア
  • 女性のおしも(陰部)のケア (-妊婦さんの陰部のかゆみ-もご参考に)

などにぴったりです。

すっきりさっぱりが好まれる夏場だけではなく、一年を通して、妊婦さん、産後の方、子育て中の方、赤ちゃんや小さなお子さんにも、大活躍してくれるのではないでしょうか。

妊婦さん・産後の方が精油を使うときは、こちらもご参考にどうぞ。
妊婦さんが精油を使うときの注意点
妊婦さんに禁忌・注意の精油

*参考文献:
ハーブウォーターハンドブック 新時代のアロマテラピー(NARD JAPAN)
サイエンスの目で見るハーブウォーターの世界(フレグランスジャーナル社、井上重治)

URL
TBURL

コメントする

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Facebookのコメント

Return Top