アロマテラピー

予約カレンダー

2020年4月
     
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
×
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
2020年3月

『おうちケア』で活躍する植物油(キャリアオイル)10種

『おうちケア』で活躍する植物油(キャリアオイル)10種

アロマテラピーを行うときに、欠かせないのが、
『植物油(キャリアオイル)』
です。

ギュギュっと、植物の力が詰まった精油を、
穏やかにやさしく使うために希釈(うすめる)したり、
使うときの感触を滑らかにしたり、
また、植物油そのものにも、たくさんの働きがあります。

今回は、『おうちケア』で活躍する、
おすすめ植物油10種を挙げていきます。

『おうちケア』にそろえたい精油10種” はこちら
『おうちケア』におすすめハーブウォーター” はこちら

 

植物油(キャリアオイル)とは?

アロマテラピーで使われる、『植物油(キャリアオイル)』とは何でしょう?

文字通り、【植物からとられる油脂成分や蝋(ろう・ワックス)成分】のことを言います。

  • 油脂(ゆし)・・・常温で液体のものを”油”、固体のものを”脂”と、区別しています。
    例:ドレッシングを作るときのサラダオイル➡”油”
    例:すき焼きで使われる牛脂(白い固形のもの)➡”脂”
    例に挙げた油脂は、アロマテラピーでは、使用しません。ご注意ください。イメージとして例に挙げました。
  • 蝋(ろう・ワックス)・・・油脂の中でも、特定の成分からなります。常温で固体で、液体になるには、とても高い温度が必要なものです。

キャリアオイルと呼ぶのはなぜ?

アロマテラピーでは、植物油や精油を混ぜて使う油脂のことを、『キャリアオイル』と呼ぶことがあります。
それは、なぜでしょう?

キャリアとは、【運ぶ】という意味の英語からきています。
精油の成分を、お肌から、私たちのからだや心へ、”届ける”という意味ですね。

使う目的は?

アロマテラピーで、植物油を使う目的とは何でしょう?
その意味が分かると、精油とのブレンドも、楽しくなりますよ。

  • 精油の成分をやさしく穏やかにする(希釈-きしゃく)
  • 精油成分が、飛んで消えてしまう(揮発-きはつ-)のを防ぐ
  • 植物油自体の働き(からだや心に働きかけるもの)も、精油とあわせて活用する

などの目的があります。
ひとつの植物油で、精油をブレンドしていくのも良いですが、いくつか持っておくと、
よりその時に合わせた『おうちケア』ができると思います。

注意することは?

植物油を扱うときの注意点は何でしょうか?

アロマテラピーで使う植物油は、天然成分からできているものです。
天然ということは、日持ちしたり、変化を防いだりするような、”加工がされていない”ということ。
注意点は、きちんとしておくところです。

  • 【化粧品】として扱われているものを選ぶ
    食用として売られている油脂は、”食べること=おいしさ重視”で作られています。
    化粧品用では、”お肌につけること=成分やお肌のなじみに配慮”して、作られているのですね。
    基本的な目的が違います。
    油脂にはそのほかに(工業用-こうぎょうよう-)というものがあります。
    食用と工業用は、化粧品用より、安い値段で扱われていることが多いです。
    購入するときは、表示に気を付けてください。
  • 冷暗所(れいあんしょ)に保管し、できるだけ早めに使い切ること
    開封すると”酸化-さんか-”します。
    空気中の酸素と、植物油の成分がくっつくと、本来の成分とは違う成分ができてしまします。
    それは、お肌にとって刺激が強すぎたり、植物油の働きがなくなってしまったものです。
    それを防ぐために、【冷暗所保管・開封後できるだけ早い使用】となるのですね。
    *使用期限が過ぎてしまったもの
    *色や香りが変わってしまったもの
    などは、使用しないようにしてください。

おすすめ植物油(キャリアオイル)10種

では、『おうちケア』で活躍してくれる植物油は、どんなものがあるでしょう?

植物油そのものにも、私たちに働きかける力があります。
妊婦さんや授乳中の方、小さなお子様にも使いやすく、必要な働きを含んでいるものを選びました。

  1. ホホバオイル
    お肌の保湿や荒れを防ぐ働きが期待できます。ヘアケアにも。
    酸化しにくく、低い気温度で固まります。
    成分から、正確には”蝋-ろう-”です。
  2. ファーナスオイル
    さらっとした使用感で、保湿やばい菌が増えるのを防ぐ働きが期待できます。
    お肌への浸透(なじみやすさ-しんとう-)も良いです。
    こちらも酸化しにくいものです。
  3. アプリコットオイル
    保湿や、お肌を整えてくれる働きが期待できます。
    お肌になじみやすく、香りもないこと、比較的安価のため、使いやすい植物油の一つです。
  4. スイートアーモンドオイル
    保湿やお肌の柔らかさを保つ働きが期待できます。
    お肌なじみや、さらっとした使用感、比較的安価で、人気のオイルのひとつです。
    ナッツアレルギーの方や、それが心配な方は、使用しないでください。
  5. シアバター
    常温で固まっている植物油です。
    保湿や、お肌の柔らかさを保ち、整える働きが期待できます。
    スキンケアやヘアケア、ネイルケアにも幅広く使われています。
  6. アルガンオイル
    お肌の再生や修復を助けてくれます。
    お肌に必要な栄養を届けてくれる働きから、エイジングケアによく使われています。
  7. アルニカオイル
    けがによるあざや腫れに、炎症を抑えたり痛みを抑えたりする働きが期待できます。
    痛みのある所など、部分的に使っていくことができます。
  8. カレンデュラオイル
    お肌の荒れを鎮めて、整えてくれる働きがあります。
    特に、ザラザラやひび割れたお肌へのケアに使われます。
  9. カロフィラムオイル
    炎症を抑え、血の巡りを良くしてくれる働きが期待できます。
    運動前後に使っていきたい植物油です。
    *血を固めにくくする働きがあるため、”血液凝固剤-けつえきぎょうこざい-”を処方されている方は使えません
  10. ローズヒップオイル
    お肌の生まれ変わりや、傷の修復、荒れを鎮める働きが期待できます。
    とても”酸化”しやすい植物世のため、保管には注意が必要です。

この中から、自分のライフスタイルや、感じやすい不調を考えて選んでみると良いと思います。

5~10の植物油は、ベースとなる植物油とまぜて使うことができます。
オイル自体の持つ働きから、手や足には、植物油のブレンドだけでケアすることができますよ。

おすすめアロマクラフト

植物油は、”スキンケア”がとても得意。
お肌を保護・保湿してくれる働きは、どの植物油にも含まれていることから、
おすすめクラフトは【美容オイル】です。

【シミ対策美容オイル】
〈精油〉
*セロリ  1滴
*レモン  1滴
*ラベンダー・アングスティフォリア  3滴
*ローズマリー・ベルベノン  1滴
〈植物油〉
*ローズヒップオイル  5ml
*ファーナスオイル  5ml

レモンには、『光毒性(ひかりどくせい)』があります。お肌につけてから4~5時間は直射日光に当たらないようにしましょう。
ローズマリー・ベルベノンには、ケトン類が含まれます。
そのため『神経毒性(しんけいどくせい)』『堕胎作用(だたいさよう)』の危険から、小さなお子様(3歳未満)、妊婦さん、授乳中の方、ご高齢の方、てんかんの既往のある方は、使用を避けるか、低濃度で注意して使うようにしましょう。

精油と植物オイル働きの、良いとこ取りです。
寒さが増してきた今だからこそ、
保湿もかねての、すこやかスキンケアです。

量り売りアロマクラフト会』でも、お作りいただけますよ!

 

いかがでしたか?
精油だけが、アロマテラピーではないのです。
色々な植物の力を借りて、ご自身とご家族と、ケアをしていくことができますね。

ブレンドオイルなどでは、精油の割合は1%程度の低い濃度で作られることが多いです。
つまり、アロマテラピーのブレンドオイルは、そのほとんどが植物油。
この働きを知ることは、とても意味あることだと思います。

 

URL
TBURL

コメントする

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Facebookのコメント

Return Top