アロマテラピー

予約カレンダー

2020年4月
     
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
×
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
2020年3月

感染症(風邪や胃腸炎など)とアロマテラピー

感染症(風邪や胃腸炎など)とアロマテラピー

妊婦さんや、小さなお子様がいるご家庭では、
健康管理(セルフケア)への関心が高いのではないでしょうか?

健康管理で気になるのは、
『感染症(風邪や胃腸炎など)』
が、まずは考えられますね。

妊婦さんや、小さなお子様、ご高齢の方、
また受験を控えた方などは、特に気をつけていきたいですね。

今日は、『感染症』と、アロマテラピーでできることを書いていきたいと思います。

関連記事→『鼻水とのどの痛みへのアロマテラピー

感染症ってなに?

『感染症』とは、
【病原体(細菌・ウィルス・真菌-カビ-)が体に侵入して引き起こされる症状のこと】
です。

病原体というのは、『ばい菌』と呼ばれているものですね。

どこから感染する?

『ばい菌』が体の中に入ってくるのはどこからでしょう?
体への通り道をあげていきましょう。

  • 空気感染(くうきかんせん)
    『ばい菌』が、私たちの周りにある空気に漂い、それを、私たちの口や鼻から吸い込むことで感染します。
    離れたところでも感染します。
  • 飛沫感染(ひまつかんせん)
    『ばい菌』が唾液(つば)や鼻水に包まれたものを、私たちが吸い込むことで感染します。
    くしゃみや咳で飛ばされます。
    なので、近くのところで感染する状態です。
  • 接触感染(せっしょくかんせん)
    『ばい菌』がついたものに触れることで起こる感染です。
    多くは手や、手を拭いたタオルなどから感染します。
  • 経口感染(けいこうかんせん)
    『ばい菌』がついたものを食べたり飲んだりすることで起こります。
    良く火を通していない食べ物を食べたり、うんちやおしっこを触った手から感染します。

ばい菌が入ったときのからだの反応は?

『ばい菌』は、自分のからだとは違う、よそ者です。
私たちのからだは、よそ者が入ってきた時に、自分の体を守ろうと働き出します。
それが、【免疫機能(めんえききのう)】と呼ばれるものです。

たいていは、自分の体を傷つけないくらいすぐに、よそ者をやっつけることができます。

けれど、よそ者の力が強すぎたり、自分の免疫機能が弱かったりすると、
たくさん働かなければいけません。

その時に出る体の反応が、症状(しょうじょう)と呼ばれるものです。

症状は主に

  • 発熱
  • 痛み
  • 腫れ
  • 赤み
  • だるさ(うまく動かない)

などで現れます。
これらは、【炎症五徴候(えんしょうごちょうこう)】と呼ばれています。

潜伏期間と発症期間

感染症には、

  • 潜伏期間(せんぷくきかん):ばい菌が体内に侵入し、症状が現れるまでの期間
  • 発症期間(はっしょうきかん):ばい菌と戦うための症状が現れている期間

があります。
体に入ったばい菌により、それぞれの期間は変わってきます。

予防するために気をつけることは?

感染症を防ぐために、なにができるでしょう?
よく言われるのは

  • 十分な手洗い
  • マスクの着用

です。
『ばい菌』のついたものを洗い、口や鼻から入れないようにする方法です。

でも私たちの周りには、目には見えない『ばい菌』が本当にたくさんあります。
知らず知らずに感染していることもたくさんあります。

すると私たちは、なにを防ぎたいのでしょう?

『発症期間の辛い症状』

ではないでしょうか?
『ばい菌』と一生懸命に戦って、”炎症”を起こしている状態です。

一生懸命に戦わなくても、『よそ者』を追い出せるからだでいることも、感染症予防の1つです。
それには、

  • 休息(よく眠る)
  • 栄養(色々なものを適度に食べる)
  • 運動(からだを適度に動かす)

ということも、とても大切ですね。

感染症になったらできることは?

辛い症状が出るようになったら、なにができるでしょう?
おうちでケアできることと、医療機関でできることを挙げていきます。

おうちでできること

感染症予防にも挙げた、
【休息】
が大切ですね。
しっかり横になりなるべく動かないこと。
頭も休めたいので、ゲームやスマホなども控えること。

【水分補給】
も大切です。
辛い症状の時は、無理して食べることより、
体の巡りをよくするように、水分をしっかり摂りましょう。

医療機関でできること

医療機関では、【おうちでできること】で挙げたことを指導される他、

  • 薬の処方
  • 点滴
  • 入院管理

などがされるでしょう。
おうちでは対処できなくなった場合は、速やかに医療機関に相談することも、
時として大切ですよ。

アロマテラピーではなにができる?

では、アロマテラピーではなにができるでしょう?

アロマテラピーでは、
【その人の持つ、健康への力を支えてくれる】
という、精油の働きを使っていきます。

症状が出てしまってからより、『予防』として活用していきましょう。

入ってきた『ばい菌』を追い出したり、
傷ついてしまった体を治せたり、
“気持ち良いな~”とリラックスできたり。

【心と体を整える】ひとつの”手段(ツール)”となります。

活用できる精油の働きは?

では精油の持つ働きとしては、どんなものが感染症予防に活用できるでしょう?

  • 抗菌
  • 抗ウィルス
  • 抗真菌
  • 免疫調整・活性
  • 抗炎症
  • 自律神経調整
  • リラックス

こんなところでしょうか。

何度も言っていますが、
『良い香り~~』
と感じる心地よさは、大前提です。

その上で、上記の働きを考えていったら良いと思います。

おすすめのアロマクラフト

予防や、症状の緩和でおすすめのアロマクラフトです。
わが家でも使って、子供たちにも好評な香りです。
ご参考になさってください。

【感染予防アロマハンドジェル】
*ティートゥリー  3滴
*リトセア  3滴
*プチグレン  5滴
*ゼラニウム・エジプト  4滴
*保湿ジェル  30g

消毒用ジェルのように使います。
手洗いの後に、手に塗り込みます。
外出前に、胸やのどにつけるのも良いですね。

【咳・鼻水緩和アロマブレンドオイル】
*ユーカリ・ラディアタ  2滴
*ローレル  2滴
*ペパーミント  2滴
*マンダリン  4滴
*ファーナスオイル  10ml

風邪のひき始めに出やすい症状への、アロマクラフトです。
スッとした香りで、呼吸が楽になるようブレンドしました。
胸やのどに塗ったり、鼻の下に塗るのも気持ち良いです。

いかがでしたか?
感染症が、少しでもどんなものかわかると、
そして、体の反応がどんなものかわかると、
”予防”としてのアロマテラピーが見えてくるのではないでしょうか?

ぜひ基本的な養生と合わせて、アロマテラピーを活用していってくださいね。

URL
TBURL

コメントする

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Facebookのコメント

Return Top