アロマ助産師あっこのつぶやき

予約カレンダー

2020年3月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
       

相談の『ハブ(中継局)』としての役割を

相談の『ハブ(中継局)』としての役割を

助産師の役割について、サービスをご提供するたびに考えています。

『お産を扱う人?』
『妊婦さんを指導する人?』
『おっぱいケアをする人?』

いろんな役割があると思います。

私が、今とても納得していて、『そうありたい!』と強く思う、
助産師のあり方があります。

今日は、そのことについて書いていきたいと思います。

 

助産師をどう使う?

助産師というと、皆さんどこにいる人だと思いますか?

病院?
助産院?
保健センター?

多くは、医療的な施設にいるものだと、思ってらっしゃるかと思います。

でも、助産師は、
『女性とともにあるもの』
です。

病院や保健センターなどで、
『自分とあっているな』
という助産師に出会えることもありますが、
ご自身で調べることもできます。

日本助産師会では、
全国助産所一覧
として、一般の方々にも検索してもらえるように
ページをあげています。
一覧の中には、ホームページを持っている助産所もたくさんありますので、
参考にしてもらえたらと思います。

一覧に載っていなかったとしても、
自身で理念を立てて活動している助産師もいます。
[ 助産師 相談 ]
なんていうキーワードで検索してもらうと、
たくさん出てきますよ。

その助産師にとって、もちろん得意分野があります。
お産が得意なのか、母乳育児支援がメインなのか、
性教育に力を入れているのか・・・
など、方向性がありますね。

そんな情報も、調べてもらうとわかってきます。

もっともっと助産師を活用するために、
この情報社会も活用しましょう。

 

私が思う助産師の役割って?

助産師には得意分野があって、
その知識や技術を、妊産婦さんや、産後の方、
広く女性の方々にお届けしています。

一人の助産師の、『腕がものをいう』職業でもあると思うのです。

でもね、もっともっと大切な役割があると思うのです。

それは、
『相談できる場所』
であるということ。

私の友人にもこんなエピソードがありました。

産後におっぱいが張ってつらくて仕方がなかった。

自分でいろいろ調べたりしてやってみたけれど、良くならなくて。
助産師さんに家へ訪問してもらって、
色々と話を聞いてもらって、張りが楽になったときは、
つらさで笑えていなかったのが、涙が出るくらい笑ったの!

このエピソードは、とても嬉しかったものでもありますが、
『あ~、もっと助産師が身近であったならよかったな・・・』
と思うエピソードでもありました。

このエピソードでは、助産師が比較的得意とする、
母乳育児支援(おっぱいケア)でしたが、
もし、助産師の手に負えない内容だったらどうでしょう?

妊産婦さん、産後の方は、その相談場所を、
医療機関や助産師に求めることが多いです。

これから、より助産師が身近になり、
相談できる場所として活用してもらえるならば、
助産師に求められる役割は、
『情報提供のハブ(中継局)』
ではないのかなと考えるのです。

助産師自身の、知識や技術をより高めていくことはもちろんですが、
よりその人にとって大切で求められている情報を提供したり、
情報自体が合っているそうでないかを、相談できることが、
助産師の役割としてあるのではないでしょうか?

妊産婦さんや、産後の方、女性をサポートしたいと活動している者はたくさんいます。
そして、それぞれいろんな分野でのプロがたくさんいます。

助産師一人で、たくさんのニーズを背負っていくのは無理があります。
できません。

ならば、たくさんのプロのもとに、
『女性とともにあるもの』の助産師が、つなげていくことができれば良いと思うのです。

『助け合い』
の思いやりの心や力が、私たちを取り囲むような、
希望も感じませんか?

私にとって、助産師の大切な役割は、そんなところだと思うのです。

誰かを頼るって、
悪いことでも、弱いことでも、
ありません。
自分も他のものも、
信頼し活かしていくことではないでしょうか?

私は助産師としてそうありたいし、
そんな世界を体現できたらと、思います。

URL
TBURL

コメントする

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Facebookのコメント

Return Top